未分類

やはり予防歯科治療

By on 17年3月12日

予防歯科治療では、正確なブラッシングの必要性や唾液検査の重要性を伝えました。この唾液検査をカリオグラムともいいます。カリオグラムは虫歯予想をします。これは、カリオグラムで検索すると家庭でもダウンロードすることができて、世界中の歯科治療のスタンダードとも考えられています。虫歯を予想することにより、予防歯科治療にも使えますし、医師との相談に具体的な数値を用いることは説得力を生むはずです。そして、具体的なことは歯科治療院でカリオグラムを行うところを探すのです。虫歯菌の数も教えてくれる病院を通院することです。

このように考えますと、歯科の最先端治療と話題を展開しましたが、虫歯が出来たから歯医者を利用するのではなく、普段からサロンのような感覚でチェックが必要と考えることです。我々、日本人は欧米のようなハグしたりキスするコミュニケーションがなく、歯科治療にお金をかけない現状もあります。以前の主だった歯科治療は、虫歯になったところを削ったり神経を抜いたりして銀歯で覆い被せたり、歯を抜いて終了させる考え方でした。そこで、銀歯が目立ったり、歯がないという老人が多く見られるのも、そのためです。今まで説明してきた予防歯科治療の考えで行うと歯の残存率も高まります。是非、この考え方が広まることを期待いたします。

川崎市の歯医者・インプラントなら武蔵小杉デンタルクリニック<<<関連HP

Continue Reading

未分類

唾液検査を行う歯科

By on

最先端の歯科治療かどうかの分別として唾液検査が上げられます。唾液とは、唾液腺から口腔内に分泌される分泌液です。この分泌される唾液で、歯を再生させます。この整える機能が働かないと、虫歯になりやすくなります。そこで、唾液検査を実践してくれる歯科治療院をお薦めします。そうなると、食べたら直ぐに歯ブラシをする習慣もどうかと疑問に思うはずで、若干時間をとることを薦めます。

さて、唾液検査をすればいいという訳でもないのです。唾液検査をすることにより、唾液の量を量ったり、唾液があることにより歯が再生されますので回復力があるかどうかを確認したり、虫歯菌があるかどうかを調べているかどうかも確認します。唾液は、1日で正常1~1.5リットル出ます。異常となると、歯を再生することが出来なくなり、口臭も出ます。さらに、虫歯菌にもミュータンス菌やバチラスキンがあります。ミュータンス菌は、皆さんがご存知の虫歯菌で赤ちゃんへの口移しや食器の共有により感染します。う蝕の原因といわれ、歯がエナメル質からリン酸カルシウムが溶け出て虫歯になります。もう一方のバチラスキンは、歯をかぶせた銀歯の周りに付着しやすい虫歯菌です。このことからも、治療はなるべく削らずに、その前に歯ブラシなどで予防する治療を重きに置いた考えが正解と言えます。

Continue Reading

未分類

歯科は歯ブラシが重要

By on

最先端の歯科治療は、多くの研修をうけていて勉強を続けている歯科治療院をお薦めします。しかし、治療を受けたとしても、普段のあなた自身の生活で虫歯をつくっていてはいけないのです。そこで、予防治療の考えを強くお薦めします。予防治療とは、治療なのではなく、まずは普段の歯ブラシが必要なのです。歯ブラシは大丈夫だから、問題ないと言う方もいます。しかし、甘いものではないのです。そこで、ブラッシングを教えてくれる病院を探すことを、お薦めします。ただ、抜いて治療を終わらせたり、歯を深く削って銀歯で覆う治療をしたりすることも必要ですが、その前の虫歯にならない実践を学ぶことが必要なのです。

さて、歯ブラシなどの予防をしても、なかなか効果があがらない人もいるはずです。まずは、歯の状態をチェックして必要なところは、レントゲン写真を撮影してくれるところをお薦めします。レントゲンの撮影の具合から、数年前など歯や歯茎の劣化が見られるはずです。医師がよく観察してくれるところもお薦めです。さらに、歯石を取り除いたりしてもらって、お口の中を綺麗な状況にしてもらいます。さらに、それを長く支えるのが、普段の歯ブラシのブラッシングでの予防になります。もちろん、歯間ブラシの使用も必要な方もいるはずです。この歯間ブラシで取り除くことにより虫歯が出来る可能性が低くなると言われています。

さて、最先端の歯科治療とは何なのかこれから解き明かしていきます。皆さんも安心ニッコリ笑顔の歯ピカリ生活をして欲しいです。

Continue Reading